個人旅行(自由旅行)という海外旅行の旅行スタイルの説明

個人旅行の知識を身に着けて

飛行機に乗って青い空の向こうへ1人旅に出よう

海外個人旅行(自由旅行)という旅行スタイル

トップページ > 海外旅行の基礎知識を知ろう > 個人旅行(自由旅行)という旅行スタイルとは

個人旅行とは、オーダーメイドで好きなように旅行の日程を立てて、航空券やホテルなどの旅行に関わる手配を自分で行って海外旅行に行く旅行スタイルのことです。

海外旅行中にトラブルが起きた時は自分でなんとかしなければならないので、旅行会社が企画したパッケージツアーに参加して海外旅行にある程度慣れている旅行者におすすめの旅行方法です。

目次

個人旅行って何ですか?

海外個人旅行に行く女性

個人旅行とは自由旅行や1人旅ともいわれていて、自分が好きなようにオーダーメイドで行き先や日程を決めることができる旅行スタイルです。

ですので、個人旅行では、パッケージツアーのように朝から夕方までびっしりと旅行の日程が組まれていて時間に縛られるということはなく、1日の時間を自分の好きなように使うことができ、マイペースに観光をした後はカフェでまったりしたりと過ごすことができます。

また、個人旅行はパッケージツアーのように貸し切りバスで移動しないので、移動中も爽快感を味わうことができます。

パッケージツアーを利用して海外旅行に行ったが物足りなかったという方は、自分で航空券ホテルを手配して旅行中の観光先を決めて自分で移動を楽しむことができる個人旅行というオーダーメイドのスタイルで海外旅行へ行ってみることをおすすめします。

スポンサーリンク

個人旅行の良いところ

良いこと

個人旅行は、「自由に過ごしたい」という言葉がとても好きな方に合っている旅行方法だと思います。

パッケージツアーを探して見たけど出発日と帰国日の日程が合わない時や出発と帰国の日にちは合うけど目当ての旅行内容のものが見つからないという時は、個人旅行で全て自分が予定を組み立てれば問題は解決します。

例えば、次のようなことがしたい場合でも、

  1. 乗ってみたい航空会社がある
  2. おしゃれなホテルに泊まってみたい
  3. とにかくおいしいものを食べる旅行にしたい
  4. 現地では鉄道で移動したり、現地ツアーに参加したい
  5. 観光には興味がなく、ショッピング目的の旅行にしたい
  6. 遺跡だけを周る旅行にしたい

などの目的でも、すべて自分の思い通りに日程を作ることができます。

個人旅行で海外旅行をする人は、貸し切りバスで移動なんて管理されているみたいで嫌だし、ガイドブックに載っていないホテルで宿泊したりレストランで食事をして自由気ままに旅行がしたいという考え方の人は大勢います。

気に入った街や、気に入った場所に思いつきで連泊でき、好きなだけ滞在でき、好きな食事を食べるという自由気ままな旅行ができることが個人旅行の魅力です。

個人旅行の悪いところ

悪いこと

個人旅行は、旅行に関するすべてのことを自分で手配しないと旅行が成り立ちません。

パッケージツアーでは行きたい国の旅行に申し込んで料金を振り込めば、後は旅行の出発日を待つだけです。旅行中は申し込んだパッケージツアーのプラン内容にしたがって行動すれば旅行ができます。

しかし、個人旅行は、行きたい国に行く飛行機のルートや現地のホテルも様々あるので航空券やホテルを予約するまでに考える時間が掛かりますし、旅行中の移動はパッケージツアーのように貸し切りのバスを使わず、自分で考えたバス・電車・タクシーなどの移動方法で移動するので、スーツケースの移動に苦労したり荷物の盗難などに曹禺することもあります。

また、乗り間違えが起きることもあるので、いろいろなトラブル時も自分で解決しなければなりません。

例えば、次のようなこと、

  1. ホテルの予約をする
  2. 飛行機、電車、バス、タクシーなどを使って観光場所まで移動する
  3. 美味しそうな料理を提供してくれそうなレストランを探して食事をする
  4. トラブルが起きたら警察や病院へ行く

などは、旅行先で自分で行わなければいけません。

行き帰りの航空券の予約、現地のホテルの予約や観光に訪れる場所へ移動などの作業を自分でやることは結構面倒なことです。自分ですべて探して行動することが面倒な方や相談できる方が自分の周りにいないと不安な方は個人旅行は向いていません。

個人旅行の楽しさとは

海外1人旅に行く女性

海外旅行をしている期間に、「自分でホテルを予約したり電車のチケットを買って移動したり、毎日そんな面倒な事ばかりして何が楽しいの?」と思われるかもしれませんが、個人旅行ではパッケージツアーで連れて行ってもらえない場所に行くことができますし、時間の管理は自分で決めればいいですので現地の人とのふれあいもできます。

いろいろな面倒なことも、いつの間にか自分で考えて日程を立てて行き先を決めることは楽しさに変わってきます。

また、人々とのふれ合いで親切さを感じた、なにげなく入ったレストランの食事がとても美味しかった、現地の住人が利用しているお店に入ったらかわいい雑貨を見つけたなどはパッケージツアーでは見落としてしまいますが、個人旅行で行けば新しい貴重な発見を経験できます。

その他では、すべて自分で決めていますのでいろんなことを間違えることもあります。電車の出発時間を間違えた、生ものを食べて体調を崩した、荷物を盗まれたなどのハプニング時は大変へこみますが、旅行を終えて日本へ無事に帰国すれば笑い話に変わっています。ですので、失敗した経験もいい思い出として残ります。

旅行先での言葉の問題について

外国人との会話

海外旅行で一番心配なことはなんと言っても宿泊先の確保だと思いますが、その次に心配な事といえば言葉ではないでしょうか。

現地の言葉が話せられないと、ホテルの予約なんてできないのではないのかと思われますが、そんなことはありませんので心配しないでください。

秘境を旅行しない限りは現地の言葉を話せなくても英語を理解できる人が必ずいるので、中学生の時に勉強した英語の内容が話せられれば十分相手に意志を伝えることができます。

中学生の英語はとっくの昔に忘れたという人は、身ぶり手ぶりの動作でも大体相手は意味を理解してくれます。また、現地の人も身ぶり手ぶりで言いたいことを伝えてきてくれます。英語が理解できないと海外旅行が不安な方は、電子辞書があれば言いたいことを伝えられるので持って行かれるのがいいです。

海外旅行までに時間がある人は英語を勉強しましょう。中学生の基本的な英語を勉強したい方はこちらのサイトで勉強できます。出発するまでに頑張って英語を覚えましょう。

おすすめの海外1人旅の準備で役立つ本

ポケット版 ひとめでわかる! 海外旅行安心ハンドブック>amazonはこちらから

>楽天ブックスはこちらから

海外1人旅へ行くには、パスポートの取得、チケットやホテルの予約などのすべての手続きを自分で行わないといけません。

また、海外旅行の準備が無事整ったら、次は飛行機の搭乗日に空港へ行って出国しますが、初めて海外へ行かれる方は、まずは空港での手続きの流れに不安があると思います。

海外1人旅は慣れれば楽しいですが、初めての方は不安だらけなので、いろいろな不安を解決する為に読んでおきたい本が、ひとめでわかる! 海外旅行安心ハンドブックです。

ひとめでわかる! 海外旅行安心ハンドブックは、パスポートやビザの取得方法、持ち物の準備方法、出国から帰国までの詳しい流れと説明、現地でのトラブルの対処方法、簡単な英会話など海外1人旅で必要になる知識が盛りだくさん書かれています。

ホテルのチェックインや買い物をする時など現地で役に立つ情報もいくつか書かれているので、海外1人旅の不安を取り除いてスムーズに進ませる為にも1度読んでおくことをおすすめします。

個人旅行とパッケージツアーの関連ページ


トップページへ戻る | 海外旅行の基礎知識を知ろう

スポンサーリンク