本文へスキップ

海外旅行でのホテルの種類と旅行先でホテルを探す方法

青い空の向こうへ

旅に出よう

ホテルの種類と予約について

ホテルの説明

海外旅行のホテルの予約について

まずホテルを予約する前に、泊まりたいホテルを探さなければいけません。海外旅行に行きたい国の政府観光局(インターネットでそれぞれの国の政府観光局のホームページがあります)やガイドブック、旅行会社などを使ってホテルを探してください。

ここではホテルの種類、現地でのホテルの探し方について詳しく説明します。

ホテルは大きく分けて3タイプに分類できます
普通のホテル(安全)
ゲストハウス(とても安い)
ユースホステル(経済的)
それぞれのホテルの違いは、次のようになっています。
安全に泊まりたいなら普通のホテル
寝れればどこでも気にしないのならゲストハウス
リーズナブルな宿泊を望むのならユースホステル

が適していて、それぞれのホテルの雰囲気、サービス、宿泊料金などは全く違います。

旅の疲れを癒す、ホテルのサービスを楽しむなど人それぞれ考え方が違いますので、自分の旅行のスタイルに合わせてホテルを選んでください
それでは、それぞれのホテルの特徴などを見ていきましょう。

スポンサーリンク

ホテルの種類

ホテルの種類はいろいろありますが、ここでは普通のホテル、ゲストハウス、ユースホステルについて説明します。

普通のホテル
このタイプのホテルはパッケージツアーで利用されることが多いですので、安全面、清潔面、ホテルの設備(レストランやバーなどがある)、サービスなどは問題ありません。誰でも素晴らしく快適に過ごせれると思いますが、宿泊料金は高めです。
ゲストハウス
ゲストハウスの利用客は、宿泊料金を安く抑えたい方や他のお客と仲良くなりたいと思っているバックパッカーが大半になります。
部屋の種類は主に1人部屋ですが、混雑していると相部屋になることもあります。相部屋に泊まる場合は貴重品の管理はしっかり行ってください。
部屋の設備は安易な物が多く、エアコンが完備されていなく天井にファンがあるのみ、シャワーからお湯がでないので水でシャワーを浴びるなど、設備に関してはあまりよくありません。
その代わりとして、宿泊料金はとても安くなっています。
ユースホステル
ユースホステルの部屋のタイプは4〜8人の男女別の相部屋が多いです。部屋の中には2段式のベッドが置いてあり、利用者は空いている好きなベッドを使うことができます。荷物はベッドの中かベッドの下など荷物を置いても他の利用客の邪魔にならないスペース見つけて置いてください。
部屋の雰囲気はゲストハウスよりも綺麗で明るい感じがします。部屋の設備はエアコンがついているので快適に過ごせられます。
その他、無料でキッチンを使うことができますので、食材を買ってきたらそのままキッチンに備え付けの調理道具(鍋やフライパン、ガスコンロなど)を使って調理できます。設備が充実している分、宿泊料金はゲストハウスよりは高めです。

現地でホテルを探す方法

ほとんどの方は日本で海外旅行の宿泊するホテルを予約していくと思いますが、日本で旅行先のホテルを予約せずに、現地に着いてから宿泊先を探そうとしている方もいるかと思います。

そのような方は、空港、バスターミナル、駅の観光案内所の予約センター、街中の旅行会社や観光案内所を利用すれば条件に合ったホテルが見つかると思います。

ここで気をつけておきたいことを2点説明します。

  1. 日本で売られているガイドブックを使って、ホテルを探そうとしている人は注意してください。たとえ最新のガイドブックであっても、ガイドブックに載っている住所に行ったらホテルが廃業していたなんてことがたまにあります。
  2. 現地に夜到着する予定の方は、空港に到着してから街中へ移動するには結構時間がかかりますので、初日だけは日本からホテルを予約しておいた方がいいと思います。

日本でホテルの予約をする方法

インターネットを使って宿泊したいホテルのホームページで予約するか、旅行会社を利用して予約できます。


トップページへ戻る | 海外旅行の準備を始めよう

スポンサーリンク

ナビゲーション