本文へスキップ

海外旅行中に体調を悪くする原因について

青い空の向こうへ

旅に出よう

日本人が気をつけないといけない体調不良とは?

海外で食べたらいけない食べ物

海外旅行で体調を気をつける(胃腸の薬)

みなさんは、日本人が海外旅行に行たときに気をつけないといけない体調不良は何だと思いますか?
それは下痢です。海外旅行に行くと必ずといっていい程おなかの調子が悪くなる人がたくさんいます。

では、どういう食べ物を食べたらお腹の調子が悪くなるのかと言うと、お寿司、かき氷、フレッシュジュース、ヨーグルトなど・・・。
日本では普段から食べ慣れている食べ物やドリンクで体調を悪くしてしまいます。

これらは本当に油断しているとついつい食べてしまう食べ物なので気を付けた方がいいです。体調を壊したり、お腹を下しただけならまだいいのかもしれませんが、症状がひどくなると手足がしびれてきます。そのような状況になったら要注意です。

海外旅行中にお腹の調子を悪くしないようにするには、生ものを食べたら絶対にいけません。火を通すだけでもだいぶ違ってきますので、もし、生ものを食べる時は必ず火を通してもらってから食べてください。

薬について

日本から飲みなれた薬を持って行ってもいいですし、現地で購入してもどちらでも構いません。

現地で薬を購入したくない方は、日本から正露丸は必ず持って行った方がいいと思います。
もし、正露丸を飲んでも全く効かなかった時は、現地の薬局で薬を購入してください。
どうして日本から持って行った薬が効かないのか私にもわかりませんがよくあることです。

現地で薬を購入して飲む方は気をつけないといけないことがあります。
現地の薬は日本人にとってはとても強力に効きすぎてしまいますので、気分が悪くなったりします。必ず薬の効き具合を見ながら飲む必要がありますので、薬を半分くらいの量に砕いてから服用するようにしてください。

食べ物以外の体調を崩す原因

海外では生ものを食べたら絶対にいけませんが、生ものを食べた以外でも体調不良は起きてしまいます。

それは、暑さと疲れが原因によるもので夏バテみたいな感じの症状です。
この症状が起きると、食欲が無くなってお腹の調子も悪くなります。
暑さと疲れが原因の体調不良の場合は、日なたに長時間いない、帽子などを被る、水分補給をこまめにするなどをして暑さ対策をすれば治りますので安心してください。


トップページへ戻る | 海外旅行の疑問

スポンサーリンク

ナビゲーション