海外旅行で現地空港の到着ロビーから市内へ移動する方法

現地空港から市内へ移動する方法を身に着けて

飛行機に乗って青い空の向こうへ1人旅に出よう

現地空港へ到着後に市内へ移動する時の交通手段

トップページ > 海外旅行の出国から帰国までの流れ > 現地空港から市内へ移動する

現地空港の到着ロビーから市内へ移動する交通手段は、バス、タクシー、電車があります。

運賃が安いのはバスと電車、運賃が高いのはタクシーなので、費用を節約するならバスか電車を利用するのがおすすめです。

タクシーは目的地の前まで移動できるので便利ですが、海外のタクシーは運賃トラブルに巻き込まれることがあるので、トラブルを防止する乗り方を覚えてください。

目次

市内への移動方法は、バス、タクシー、電車

空港の案内板

現地空港の到着ロビーで受託手荷物を受け取ったら、いよいよ市内や宿泊するホテルへ向けて移動することになりますが、出発する前にまだ日本円から現地の通貨へ両替をしていない方は空港の中にある両替所で両替をしてください。
※市内への移動時に交通費として小銭が必要になるので、出発する前に必ず空港内で両替をしてください。

現地通貨への両替の準備が整いましたら、いよいよ市内やホテルに向けて空港を出発しましょう。

ホテルへの送迎がある方はその車に乗車してもらえばいいです。送迎がない方は市内へ行く主な交通手段としては、次のように、バス、タクシー、電車の3種類のどれかを利用して行くことになります。

  1. バスを利用する
    (一般的な交通手段として人気があります。)
  2. タクシーを利用する
    (便利ですが国によっては乗り方にコツがいります。)
  3. 電車を利用する
    (目的地へ時間通りに到着できるので、おすすめの移動手段です。)

初めて知らない国に行くと空港から市内に向けて出発する時が1番緊張するひとときだと思います。

変な人にだまされるんじゃないのか、荷物を盗まれるんじゃないのかなど、知らない国や街を1人で旅行することは大変不安ですが、海外旅行をしていくと新しい発見や人とのふれあいなど楽しいことも数多く経験できる貴重な時間です。

楽しい海外旅行へ気をつけて行ってきてください。

スポンサーリンク

バスで市内へ移動する

バス

バスで現地空港から市内まで移動しようと考えている方は、エアポートバスか公共路線バスを利用して行くことになります。

エアポートバスの特徴

だいたいの空港では到着ロビーを出てすぐ目の前にあるバス停がエアポートバスのバス停です。

エアポートバスは低運賃で乗車でき、バスの本数は30分おきくらいに1本の割合で運行していて市内の主要なエリアを周って行くので、旅行者が市内に移動する時に利用する一般的な交通手段です。

有名なホテルや高級ホテルには専用のバス停があるので、自分が宿泊するホテルにバス停があるのか確認しておくとあたふたせずにスムーズに降りられると思います。

もし、宿泊予定のホテルにバス停がない場合は、どのバス停が宿泊するホテルに一番近いのか調べてから乗車してください。

公共路線バスの特徴

公共路線バスの運賃はエアポートバスよりも安いので、費用を抑えて旅行する方にとっては1番経済的な交通手段です。

深夜の時間帯でなければ路線バスは運行しているので、ホテルへ急いでいなければエアポートバスよりも路線バスを利用した方が費用は安くなります。

但し、デメリットが1つありまして、乗車運賃は安いですが市内まではいくつかのバス停に停車するので目的地に到着するまではかなりの時間がかかることです。

なお、公共路線バスは、大きいお金の両替ができなかったりと不便なので、乗車する前に必ず小銭を用意しておいてください。

タクシーで市内へ移動する

海外のタクシー

海外のタクシーの種類は、正規のタクシーと白タクの2種類があります。

どちらのタクシーでも特にアジア地域を旅行する日本人はボッタクリの対象にされますので十分気を付けてタクシーを利用するようにしてください。

海外でタクシーに乗る時は日本と同じような感覚で乗るととんでもないことに巻き込まれる可能性があることを覚えておいてください。

正規のタクシーの特徴

正規のタクシーとは、営業許可を取得して営業しているタクシーのことです。

正規のタクシーの乗り方としては、タクシーに乗る前に受付の人に目的地を伝えてその後に乗車券をもらいタクシーに乗り込む場合と、タクシーに乗り込んでから自分で行き先を伝える場合の2種類があります。

正規のタクシーは比較的安全に目的地に到着して降車できますが、どちらの乗車方法でも、運賃のトラブルに巻き込まれないように、出発時に運転手がメーターを倒すのを確認してください。

有名なホテルだと名前だけを伝えれば運転手は行き方を知っていると思いますが、小さなホテルだと場所を知らない場合もあるので、紙などに書いて住所を伝えるのがいいと思います。

白タクの特徴

日本ではあまり聞かないので白タクって何?と思っている人がいると思いますが、正規のタクシーではないタクシーが白タクです。

白タクに乗る時の注意点は、白タクにはメーターがついていないので、出発する前に目的地までいくらで乗せていってくれるのか価格交渉をしなければいけないことです。

もし、価格交渉をしないまま乗ってしまい目的地に到着するとどうなるのかというと、運転手はとんでもない料金の請求をしてくるので、白タクに乗る時は移動距離に応じた運賃の相場を把握してから乗るようにしましょう。
※平気で相場の2〜5倍くらいの料金を請求してくる白タク運転手もいます。

また、乗車中に旅行会社やホテルを紹介されると思いますので、きっぱりNo,thank you.(いりません)と言って断ってください。紹介してくる商品はすべて割高なものばかりなので、なんて親切な運転手なんだろうとそのまま言いなりになってお金を支払っていると後になって割高な料金を支払っていたことに気がつく時がきます。その時になってダマサレタと気づいても遅いので十分注意してください。

電車で市内へ移動する

海外の鉄道の駅

最近では市内まで地下鉄が走っている海外の空港は増えてきました。

電車を使って移動するメリットは、渋滞に巻き込まれなくて済むので時間通りに目的地へ到着することができることです。

また、案内表示などで運賃や降りる駅も確認できますので、一部の白タクのような悪質な人にぼったくられる心配もありませんし、大きなお金も窓口で利用できますのでとても便利です。

電車に乗る時に注意することとしては、置き引きです。日本でもそうですが目を離した隙に荷物が盗まれることがあります。荷物は棚などに置かずに目で確認できる場所に置いてください。

また、日本の電車は車内で次はどこどこの駅とアナウンスが流れるのが普通ですが、外国の電車は何も流れないことは普通にありますし流れても聞きとれないこともあるので、降りる駅をしっかり確認してから乗るようにしてください。

街中まで鉄道が走っていれば交通手段として是非利用することをおすすめします。

おすすめの海外1人旅の準備で役立つ本

ポケット版 ひとめでわかる! 海外旅行安心ハンドブック>amazonはこちらから

>楽天ブックスはこちらから

海外1人旅へ行くには、パスポートの取得、チケットやホテルの予約などのすべての手続きを自分で行わないといけません。

また、海外旅行の準備が無事整ったら、次は飛行機の搭乗日に空港へ行って出国しますが、初めて海外へ行かれる方は、まずは空港での手続きの流れに不安があると思います。

海外1人旅は慣れれば楽しいですが、初めての方は不安だらけなので、いろいろな不安を解決する為に読んでおきたい本が、ひとめでわかる! 海外旅行安心ハンドブックです。

ひとめでわかる! 海外旅行安心ハンドブックは、パスポートやビザの取得方法、持ち物の準備方法、出国から帰国までの詳しい流れと説明、現地でのトラブルの対処方法、簡単な英会話など海外1人旅で必要になる知識が盛りだくさん書かれています。

ホテルのチェックインや買い物をする時など現地で役に立つ情報もいくつか書かれているので、海外1人旅の不安を取り除いてスムーズに進ませる為にも1度読んでおくことをおすすめします。


トップページへ戻る | 海外旅行の出国から帰国までの流れ

スポンサーリンク

海外の旅行先へ向けて日本を出国する流れの関連ページ