本文へスキップ

個人手配の海外旅行でよく起きる詐欺や体調不良などのアクシデントを防ぐ対策方法

青い空の向こうへ

旅に出よう

個人旅行でよく起きる詐欺や体調不良などの対策方法

パッケージツアーと個人旅行では遭遇するアクシデントの数が違う

アクシデントに巻き込まれた男性

海外旅行は楽しく過ごしてアクシデントは1つもなく、無事に日本に帰国したいと誰でも望んでいますよね。

海外旅行の企画の種類には、パッケージツアーと個人手配(個人旅行)の海外旅行の2種類があることをご存じでしょうか。

パッケージツアーでは何かアクシデントが起きても添乗員や旅行会社が的確に処理してくれますが、個人手配ではアクシデントが起きても誰も手伝ってくれませんので自分でアクシデントが丸く収まるように対応するしか方法はありません。

ですので、個人手配の海外旅行では、荷物の盗難や詐欺、ケガ・病気などはつきものだと思ってください。

個人手配の海外旅行で何事もなく旅行を終えて日本に帰ってくることができたらたまたま運が良かっただけなので、個人手配での海外旅行中は各種トラブルに巻き込まれないように細心の注意を払う必要があります。

なぜなら、パッケージツアーは事前にどんな交通手段を使い目的地まで移動して何をするのかという予定が詳細に決まっているのでその予定通りに行程を消化していき、目的地に到着した後は添乗員が観光する時の注意点を説明してくれ、その注意点に従って観光すればアクシデントが起こることは少なく安全に旅行ができますが、一方個人手配の海外旅行では、大雑把な予定しか立てない人が多く、1人で行動することが多いので注意点について助言してくれる人がいませんので、目的地に到着するまでにアクシデントが起こり、目的地に到着してからもアクシデントが起こりやすい環境だからです。

このように、小さいアクシデントから大きいアクシンデントまで毎日隣り合わせにあるのが個人手配での海外旅行の特徴となります。

海外旅行先でアクシデントが起きるのが怖いと思った方は個人手配で旅行に行かない方がよく、旅行会社が企画したパッケージツアーで行くようにしてください。

個人旅行でアクシデントに遭遇しやすい人の特徴

個人手配で海外旅行に行くと何かしらのアクシデントは起こるものです。

アクシデントはなぜ起こるのかというと、アクシデントが起こる原因があるからです。その原因を取り除ければアクシデントが起こるのを防ぐことができます。

アクシデントの原因の例を挙げてみると、

  • 道を間違える原因は、地図をしっかり見ていないからです。
  • 公共交通機関の乗り場を間違える原因は、リサーチ不足と思い込みです。わからなかったら窓口のスタッフに聞けば解決します。
  • 荷物が盗まれる原因は、荷物が自分の目の視界の外にあることです。置き引きやひったくりは荷物から目を離して油断している隙に行われます。
  • タクシーで目的地に到着した後に料金の言い争いが起きる原因は、正規のタクシーではなく白タクに乗ってしまったからです。料金メーターがないタクシーは走りだす前に料金交渉するのが常識です。

その他にも、

  • 怪しげな旅行会社に連れていかれて高額な旅行プランを売りつけられた
  • スシを食べたらお腹を壊した
  • 観光地で写真をとってもらったら料金を請求された
  • トイレの前で親切な人にトイレットペーパーをもらったら料金を請求された

などのアクシデントに巻き込まれる人の多くは日本と同じような感覚で海外旅行をしていて自己管理を怠っているからです。

海外では日本の文化は全く通用しないと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

個人旅行でよく起きる詐欺被害の防ぎ方

見知らぬ男性に声を掛けられた女性

海外旅行に行くと盗難に遭わなくても詐欺に巻き込まれて帰国する方がみえますが、どうして詐欺が起こるのか考えてみましょう。

まず第一に、詐欺のきっかけを作るには声を掛けて仲良くならなければ始まりません。向こう側から話しかけてくるのは向こう側に何かしらのメリットがあるから近づいてきますよね。

例えば、話しかけてくる理由としては、

  • お金を持っていそうだから
  • 何かを売りつけてやろう

が多いと思います。

日本でもそうですが訪問販売はろくなものを売ってきませんよね。生命保険の押し売りの勧誘でもろくなプランを勧めてきませんが、言葉巧みに魅力的な商品だと思いこませて強引に売りつけようとしてくるのが相手の手口です。だって、商品を買ってくれれば自分の利益になりますから必死ですよね。

海外旅行先で声を掛けてくる人たちも訪問販売と同じような心理状態で声を掛けてきます。

冷静になって考えてみてください。

  • 道を歩いていたら人が近づいてきてこれ買いませんか?
  • 私のおすすめするお店に案内するよ

と突然声を掛けられたら何か企んでいると思いませんか?

冷静になって考えてみたらおかしいと思えることはおかしいことなのです。人をだましてやろうという人たちと接するには、相手の立場に立ってどんな心理で話掛けてきているのか探ることが重要です。

何事にも動じない心を持って街中で声を掛けられても立ち止まらずに無視することで仲良くなるきっかけを作らず詐欺を防ぐことができます。

また、個人手配の旅行で引っかかりやすい詐欺が、タクシーの運転手が今日泊まる宿がまだ見つかっていないなら私がおすすめする旅行会社に行って予約すればすぐに見つかるといって仲間の旅行会社に連れて行く詐欺です。

ホテルが建ち並んでいる場所に行けば宿泊できる宿は必ず見つかるので、怪しい旅行会社には行かないようにしてください。

見ず知らずの人には極力関わらないようにすることでボッタクリ詐欺の被害は防ぐことはできます。

特に発展途上国の都市部では日本人を目当てに近寄ってきますが、日本人は人が良いので相手をしてしまい、その結果として詐欺に遭ってしまうことが多いです。

海外では日本の文化は通用しないので危険な場所に自ら入っていくのではなく、できるだけ避けて通るようにしてください。

個人旅行でよく起きる体調不良や病気の防ぎ方

腹痛に見舞われた女性

海外旅行で多い体調不良や病気といえば、下痢・食中毒、風邪、熱中症ではないでしょうか。

下痢は日頃蓄積された疲れから起こることもありますが、旅行中に食べた食べ物が原因で起こることがほとんどです。

下痢は日本人が海外に行くと誰でも遭遇することですが注意していれば防げれます。

下痢・食中毒にならないように防ぐ方法は、

  • 魚介類や野菜などの生ものを食べないようにする
  • かき氷なども生水を使っているので食べないようにする
  • 加熱されている食材を食べる
  • 水道水は絶対に飲まないようにする
  • 市販されているミネラルウォーターを飲むようにする

を行いましょう。

但し、外国のミネラルウォーターはカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が多く含まれている硬水といわれる水なので、ミネラルウォーターを飲んでいても身体に合わなくお腹を下しやすい傾向がありますので、お茶やスポーツドリンクの粉を混ぜるなどして対処してください。
※運悪く下痢になってしまった時の為に、正露丸などの薬を日本から持参しましょう。

風邪は、気温が低い冬に起こるものですが、旅行先の気候の変化に順応できなかったり旅行中のストレスが原因で起こることもあります。

また、日本と同じように、気温が高い夏でも冷房が効きすぎた建て物の中の室温と屋外の外気温の気温差が激しい時に起きやすいです。

風邪にならないように防ぐ方法は、

  • 服装に気をつける
  • 宿に着いたら手洗い・うがいをする

を行いましょう。

熱中症は、直射日光に長時間当たったり、気温と湿度が高い時に起こりやすいです。

気温が高い国だと昼間は40℃以上になることもあるので、日陰がない場所で行動していると体力の消耗が激しいです。

熱中症にならないように防ぐ方法は、

  • 日差しが直接当たらないように薄手の長袖や帽子を着用する
  • こまめに日陰で休み水分補給をして行動する

というように、服装と水分補給に気をつけてください。


トップページへ戻る | 海外旅行のトラブル

スポンサーリンク