本文へスキップ

海外旅行中に荷物の盗難が起きないように防ぐ対策方法

青い空の向こうへ

旅に出よう

どんなときに荷物の盗難が起きるの?その対策とは

ホテルに宿泊中の場合

盗難

よくある被害事例
  1. ホテルに連泊したとき、スーツケースにカギをかけて部屋の中にチップを置かずに外出したら、夕方部屋に戻ってきてスーツケースのカギを確認してみたら開けられていることに気がついた。
  2. 部屋のセーフティボックスに貴重品を入れていたら盗まれた。
  3. レセプション(受付)にあるセーフティボックスに貴重品を預けたら紛失された。
盗難を防ぐ対策方法
貴重品をセーフティボックスに入れても100%安全とは限らないので、少しの間でも部屋から出かけるときは、貴重品を部屋に置いたままにせずに、いつも身に着けるようにしましょう。
特にパスポート、航空券、少しの現金は貴重品袋に入れて毎日身に着けるようにしてください。
スポンサーリンク

乗り物に乗車中の場合

よくある被害事例
  1. 人が乗れないくらいに混雑しているバスの中で、背中に背負っていたリュックサックにカッターナイフなどを使って穴を開けられて荷物が盗まれた。
  2. 電車を利用して長距離の移動中に網棚に荷物を置いた状態で、少しの間席を離れたら荷物がなくなっていた。
盗難を防ぐ対策方法
乗り物の中では、荷物は目に見える場所に必ず置いておくことが望ましいです。
例えば、リュックサックなら後ろに背おらずに前に抱えてください。
乗り物の網棚に荷物を置く場合は、席を離れるときには一緒に荷物を持ち運ぶか、チェーンなどを使って柱などに固定して盗まれないようにしてください。

食事中の場合

よくある被害事例
セルフサービスのレストランで席を確保するために荷物をテーブルの上に置いて席を離れたら、食事を買っている間に荷物が盗まれて無くなっていた。
盗難を防ぐ対策方法
いつも荷物は一緒に持ち歩く習慣を身につけましょう。
海外は日本と文化が違います。
テーブルの上に置いてあるものは、忘れ物や落ちていた物と認識している人がいると思うので、なくなってしまうのだと思います。
日本人は、普段から物をテーブルの上に置いて席を取る習慣があり、海外でもよくやってしまいますので気をつけましょう。

トップページへ戻る | 海外旅行のトラブル

スポンサーリンク

ナビゲーション