私が海外1人旅に行った台湾旅行の魅力を紹介

台湾旅行の魅力を参考にして

飛行機に乗って青い空の向こうへ1人旅に出よう

海外1人旅に人気がある台湾旅行の魅力を紹介

トップページ > 海外旅行の行き先を考えよう > 海外1人旅に人気がある台湾旅行の魅力とは

台湾は日本から飛行機で約4時間で行けれるお手軽な国です。

台湾旅行に行った時にぜひ訪れておきたいおすすめの観光場所、3泊4日の1人旅を計画する時に最低限用意しておきたい予算について簡潔にまとめています。

海外旅行の行き先を決める時の参考に使ってください。

目次

1人旅に適した台湾旅行のおすすめの観光場所

台湾の地図

台湾への移動時間は日本から直行便の飛行機で約3〜4時間で行くことができるので、初めて海外旅行を計画している方にはとても旅行しやすい国です。

旅行期間を1週間以上かければ密度が濃い内容の旅行を楽しむことができますが、日本から台湾までの距離が近いので、時間がない方は2泊3日のような短期間や週末だけを使って旅行をすることももちろん可能です。台湾の気候は日本の気候とよく似ていますし、食事もおいしく、荷物のひったくりなどをされる治安の悪さはありませんので、初めてツアーを利用したり1人で手配して海外旅行に行く国としてはとても適していると思います。

台湾の有名な観光場所といえば主に台北エリアに集中しているので、台湾旅行を思いっきり満喫しようと考えているならば、必ず台北エリアに足を運んでください。

台北エリアでは台湾の首都である台北市内を探索して食べ歩きをしたり、ショッピングをしたり、一昔ブームになった足つぼマッサージなどをいろいろ楽しむ事ができます。また、街中には新しい街並みとところどころに古い街並みが混ざり合っているので、街中を歩けば歴史を感じることができます。

台湾と聞いて1番初めにイメージするものは小籠包という料理ではないでしょうか。小籠包は日本のレストランで食べても美味しいですが、現地で食べると皮から肉汁がジュワ〜とたっぷりでてきて美味しさは天下一品です。

あまり知られていませんが台湾ではもう1つ美味しい料理があります。それは、牛肉麺といってお店によって異なりますが、太い麺・細い麺にあっさり・こってりスープの上に牛肉がのっている麺類です。うどんやラーメンをイメージしてもらえばわかりやすいと思います。美味しいのでぜひ食べて見てください。あともう1つおすすめな料理は鶏肉飯です。アジア地域に旅行に行くと地元の人が利用する定食屋に必ずある定番メニューがチキンライスです。ご飯の上に鶏のささみがのっていてたれがかかっていて美味しいです。

台北市内では夕方になるといたるところで夜市(よいち)といって屋台がたくさん軒を並べてB級料理を売っているエリアがあります。 とにかく人でごった返していて熱気がものすごいので行ってみてください。B級グルメなので、見た目は美味しそうに見えない料理でも食べてみると美味しいとわかる料理がたくさんあります。カエルの唐揚げ、臭豆腐などは見た目は悪いですが、食べて見ると美味しいので見た目で判断してはいけません。気になったものはとりあえず食べてみることをおすすめします。

また、夜市ではいろいろなデザートも売られています。私がおすすめするデザートは、マンゴーかき氷、あんみつと白玉がのっているかき氷です。
※デザートは美味しいですが、生ものを食べるとお腹の調子を悪くする人もいるので気をつけてください。

その他で台北の楽しみ方といえば、香りがいい台湾茶のショッピングや足つぼマッサージも人気があります。
※最近では小顔マッサージ、頭皮マッサージが有名になりつつあります。

とにかく、台湾は1日中エキサイティングに楽しく過ごせる国なので、週末を利用して一度訪れて見てはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

台湾旅行に行った時に撮った写真

台湾旅行に行った時に撮影した、中正記念堂、忠烈祠、九フンを紹介します。

中正記念堂(ヂョンヂェンジーニエンタン)

台湾の観光名所(中正記念堂)

中正記念堂とは、蒋介石を称えて建設された建物で、現在では台湾旅行の定番の観光名所となっています。記念堂から台北の街中を眺めれば高層ビルなどがたくさん建ち並んでいてオシャレな街です。

忠烈祠(ツォンリエツー)

台湾の観光名所(忠烈祠)

台北の北部にある忠烈祠は、戦争で亡くなった兵士の霊を祀る為のほこらです。建物の内部は色鮮やかな装飾で美しいデザインとなっており、一番の見どころは正門に立っている衛兵の交代式です。現在では台湾旅行の定番の観光名所となっています。

九フン(きゅうふん)

台湾の観光名所(九フン)

九フンは台湾の北部(台北の東側)の小さな山あいに位置している町です。階段や坂道が多くレトロな街並みでとても風情があり、現在では台湾の一大観光地となり多くの観光客で賑わっています。九フンの素晴らしさは何かというと、街全体に昔の懐かしさが溢れていることです。また、山の上からは海を眺めることができ、街中にはお土産屋がたくさん並んでいるので1日中楽しめると思います。

九フンは、ジブリ映画の1作品のモデルになっていると噂されて話題沸騰になったことがありますが、九フンをモデルにしたと正式に発表してないので実際のところわかりません。しかし、映画と現地を見比べてみると非常によく似ていることが納得できると思います。まだ九フンに行ったことがない方は、昔にタイムスリップしたような街並みを是非見に行ってください。

日本から台湾までの所要時間と旅行の予算

日本(成田、羽田)から台湾(台北)までの飛行機の所要時間は、直行便で約3〜4時間です。

個人手配で台湾旅行に行く場合は、日本を午前中に出発する直行便に乗って台湾に昼頃到着する飛行機が午後からの時間を有効に使えるのでおすすめです。

台湾旅行に必要な予算の1例としては、

  • 航空チケット代(エコノミークラスの直行便で往復):約4万円
  • ホテルの宿泊代(経済的ホテルに1泊分):約5千円
  • 現地での交通費や食事代など(1日分):約3千円

が最低必要になるので、台湾に3日滞在する旅行の計画を立てると、航空チケット代(4万円)+ホテルの宿泊代(1万5千円)+交通費や食事代など(9千円)=6万4千円という旅行費用を用意しなければいけないことがわかります。

個人手配では不安という方はパッケージツアーに参加しても台湾旅行を楽しむことができます。

最近ではパッケージツアーといっても2種類あり、参加した旅行者が全員集まって貸し切りバスに乗って添乗員が同行して観光するというスタイルと、添乗員は同行せずにツアーに申し込んだ各人が自由に日程を立てて観光するフリープランがあります。

海外旅行が初めてという方は添乗員が同行するツアーを、1人旅がしたいという方はフリープランを申し込むのがいいです。

フリープランのツアー内容は、往復の航空券と現地で宿泊するホテルを含んだ料金です。旅行先では各人自由行動となるので、別途オプションツアーに参加してもいいですし、現地の街の中にある旅行会社で旬の日帰りツアーに参加しても構いません。旅行先での楽しみ方は人それぞれです。
※基本的に空港からホテルまでの送迎はありませんが、オプションで送迎ありに変更できます。

フリープランのツアーの料金は、3日間滞在する日程で3万円くらいで販売されています。航空券とホテルを個人手配するよりもフリープランのツアーに申し込んだ方が価格的に安いことが多いので、個人手配は不安という方はフリープランのツアーを活用して台湾旅行を楽しんでみてください。

おすすめの台湾旅行のガイドブック

D10 地球の歩き方 台湾 2018〜2019>amazonはこちらから

>楽天ブックスはこちらから

地球の歩き方台湾は、台湾へ海外旅行に行くと決めたら持っておきたい1冊です。

おすすめの観光地はもちろん、ホテル、レストランも詳しく紹介されているので、個人旅行でもパッケージツアーでも台湾旅行中に携帯しておけば何かと便利です。

また、簡易的な地図や電車の路線図も紹介されているので移動時にも役に立ちます。

地球の歩き方台湾を読めば、台湾のおすすめの観光地はだいたいわかりますが、地球の歩き方に書いてあることがすべてとは認識しないでください。さらに詳しい情報は現地についてから観光案内所などを利用してリアルタイムで探すのが個人旅行を楽しむ方法です。


トップページへ戻る | 海外旅行の行き先を考えよう

スポンサーリンク

1人旅におすすめの国の関連ページ