本文へスキップ

海外旅行のレストランでよく使う英会話の勉強

青い空の向こうへ

旅に出よう

レストランで使う英会話の勉強

おすすめの料理を尋ねるとき

海外旅行のレストランで食事(ステーキ)

海外旅行の楽しみといえば美味しい料理を食べることが挙げられますが、日本語で書かれていないメニューを見てもよくわからない時があります。
レストランのメニューを見てもどれを注文したらいいのかよくわからなかったときは、店員にお店のおすすめメニューを尋ねてください。

メニューの料理を指さして「この料理は何ですか?」と尋ねてもいいですし、「おすすめは何ですか?」といってお店の自慢の料理を尋ねてみるのもいいと思います。

ホワット イズ ディス ディッシュ?
What is this dish?
この料理は何ですか?

ホワット ドゥ ユー リコメンド?
What do you recommend?
おすすめは何ですか?

外国のレストランで料理を食べると、料理には、前菜、メイン、デザートが出てきます。

  • 前菜(appetizer:アペタイザー)とは、メインディッシュの前に出される小品のことです。(スープやサラダなど)
  • メインディッシュ(main dish)とは、食事の中心となる料理のことです。(ステーキや魚料理など)
  • デザート(dessert)とは、食後に出される果物や菓子のことです。(ケーキやアイスクリームなど)

料理全体のおすすめを尋ねるのではなく、前菜、メイン、デザートの中のおすすめを尋ねる時は次のように言いましょう。

ウイッチ アペタイザー ドゥ ユー リコメンド?
Which appetizer do you recommend?
どちらの前菜がおすすめですか?

ウイッチ メインディッシュ ドゥ ユー リコメンド?
Which main dish do you recommend?
どちらのメインがおすすめですか?

ウイッチ デザート ドゥ ユー リコメンド?
Which dessert do you recommend?
どちらのデザートがおすすめですか?

スポンサーリンク

ステーキを注文するとき

海外旅行中では、ステーキを最低でも1食は食べると思います。
ステーキの焼き加減は、少しだけ焼く、中ぐらい焼く、よく焼くの3種類があります。
旅行先でおいしいステーキを味わってください。

ハイ ウエイター。
Hi, waiter.
すいません、ウエーター。

アイド ライク ア レア ステイク プリーズ。
I'd like a rare steak, please.
レアステーキをください。

ステーキの焼き加減について

レア
rare
生焼け

ミディアム
medium
中ぐらいに焼いた

ウエル ダン
well done
よく焼いた

注文後のトラブル

メニューを注文した後に、注文した料理と違うものがテーブルに運ばれたり、いくら待っても料理が全然こなかったりする時があります。
そのような時は注文したものが違う、まだこないことを店員に伝えてください。

ディス イズ ノット ホワット アイ オーダード。
This is not what I ordered.
私が注文したものではありません。

マイ オーダー ハヴント カム イエット。
My order haven't come yet.
注文したものがまだきません。

料理を食べ終わったあと

料理を食べ終わってお店を出る時は、次のように店員に伝えて会計を済ませてください。

チェック プリーズ。
Check, please.
お会計をお願いします。

会計時にサービス料が料金に含まれていない時はチップを少し渡すのがいいと思います。


トップページへ戻る | 海外旅行の簡単な英会話の勉強

スポンサーリンク

ナビゲーション