本文へスキップ

海外旅行中に航空券の盗難・紛失が起きた時に気を付けること

青い空の向こうへ

旅に出よう

航空券の盗難・紛失

航空券の再発券について

海外旅行中の航空券、eチケットの盗難・紛失

楽しく海外旅行をしているときに帰りの航空券をどこかで失くしてしまったら、誰でも慌ててしまうと思いますが、落ち着いて行動してください。

海外旅行中に航空券を盗難・紛失させてしまった場合は、航空券の再発券をしてもらいましょう。

全ての航空券が再発券できるわけではなく、再発券してもらえるかどうかは購入した航空券の種類によって変わってきます。

ここでわかりやすくするために航空券を2種類に分類します。

  1. 普通の航空券
    (正規の値段で購入した航空券)
  2. 格安航空券
    (割引された値段で購入した航空券)

この2つの航空券は、それぞれ対応が異なりますので注意しましょう。

スポンサーリンク
普通の航空券の場合
再発券してもらえます。
格安航空券の場合
再発行してもらえない確率が高いです。
(再発券は難しいです。)

このように分けられます。

したがって、正規の航空券を盗難紛失した場合は無料で再発券してもらえますが、格安航空券を盗難紛失してしまった場合は、航空券を再購入しないといけない確率が高いですので気をつけましょう。

どのような航空券でも盗難・紛失してしまった方は、まず初めに航空券を発行した航空会社に連絡してどうすればいいのか確認してください。

航空券を失くさないためには、貴重品袋に航空券を入れて毎日身に着けて持ち歩くようにしてください。

なお、最近の航空券の傾向はほとんどの航空会社でeチケットを採用していますので、eチケットのお客様控えを盗難・紛失しても特に問題ありません。
eチケットを紙に印刷された物は航空券ではなく航空券の控えですので、失くされても再発券の手続きは必要ありません。

航空券の再発券の手順

初めに現地の警察署で手続きが必要になりますので慌てず対処してください。

  1. 旅行先の警察署で盗難、紛失届出証明書を発行してもらいます。
  2. 旅行先の航空会社のカウンターに直接行くか、オフィスに電話をして事情を説明します。

再発券に必要なもの

  • ・旅行先の警察署で発行した盗難、紛失届出証明書
  • ・盗難・紛失してしまった航空券の番号など

トップページへ戻る | 海外旅行のトラブル

スポンサーリンク

ナビゲーション