本文へスキップ

海外旅行中に現金を盗難・紛失した時に気をつけること

青い空の向こうへ

旅に出よう

現金の盗難・紛失

現金を失くしたらどうなるの?

海外旅行中の現金の盗難・紛失

海外旅行中に現金を盗難・紛失してしまった場合は、まず自分の手元には戻ってこないと思ってください。また、現金は海外旅行傷害保険に加入していたとしても補償されませんので、現金は慎重に取り扱いしてください。

とりあえず、現地の警察署へ盗難届を出すことはできますが、失くしたものが見つかることはまれです。その上失くしたものが現金ですので、いさぎよく諦めましょう。

スポンサーリンク

もしものときのために行うこと

海外旅行中に現金は失くさないに越したことはありませんが、もしもの時の為に現金は1か所にまとめて持ち歩くのではなく、2か所に分けて持ち歩くと失くしたときの損失の割合が少なくなります。

現金を分けて入れて置く場所は
1か所は財布の中
もう1か所は貴重品袋の中

これらの中に入れておけばリスクを分散できます。

海外旅行を不安無く行動するには、現金の他にクレジットカードを1枚持って行くことをおすすめします。クレジットカードはホテルやレストランなどいろいろな場所で使えますので現金の代わりになりとても便利です。高額な物にはクレジットカードを使い、低額な物には現金を使うなどして使い分けをすると効率よく買い物ができます。

もし、クレジットカードを失くしてしまった時は利用できないように手続きをして、クレジットカードを再発行すれば大丈夫ですので、海外旅行にはとても役に立つと思います。

現金をすべて失くしたとき

現金を失くさないように日々努力していても、現金を失くしてしまうこともあるでしょう。
もし、手持ちの現金をすべて失くしてしまった時は、次の方法で現金を作ってください。

  • ・クレジットカードでキャッシングして現金を借りる
  • ・国際キャッシュカードで現金を引き出す
  • ・日本から送金してもらう

現金を失くさないために1番大切なことは、毎日現金をチェックしてしっかり管理することです。

現金は落としそうな場所や盗まれそうな場所には入れないこと。現金やクレジットカード、国際キャッシュカードなどは、一カ所にまとめた状態で持ち歩いていて失くしてしまったら最悪ですので、それぞれ入れる場所を分けて持ち歩くことが望ましいです。


トップページへ戻る | 海外旅行のトラブル

スポンサーリンク

ナビゲーション