本文へスキップ

海外旅行中に病気やけがをしたときに気をつけること

青い空の向こうへ

旅に出よう

病気・けがをしたとき

病気やけがの対処方法

海外旅行中に病気・けがをしたとき

海外旅行中に病気やけがをしてしまったときは、症状が軽い場合では市販の薬で治るかもしれませんが、重症の時は救急車を呼ぶこともあると思いますし、歩けないくらいの体調不良で病院に行くことになる時もあります。

体が弱い方は、日本から常備薬(風邪薬、下痢止め、胃腸薬など)を必ず持参してください。

どうしても普段起こらない事が起きると気が動転してしまいますので、そのような状況になっても慌てずに対処してください。

スポンサーリンク

病気になってしまった場合の対処法

日常的に日本人は海外に行くと、よく下痢になりやすい体質です。
海外旅行中に良い体調を保つ為には、生ものはあまり食べることは避けた方がいいと思います。お腹の体調を崩しやすい方は準備として正露丸などの薬を日本から持っていった方がいいです。

下痢もそうですがその他の病気になってしまって、薬ではどうにもならない状況になってしまったら我慢せずに迷わず病院に行ってください。

海外旅行障害保険に加入していれば、海外で病院に行くことに対して保険でカバーできる方もいます。みなさんが加入している保険証を見てください。
病気のときは、海外旅行傷害保険の疾病治療に加入していたら補償が受けられます。
病気の具合によりますが症状が軽い方は、保険会社に連絡をして病気の状況を伝えて保険会社から指示をもらってください。

病気の症状が重い場合でホテルに宿泊している時は、ホテルのレセプション(受付)で病院を紹介してもらうのも1つの方法です。その方が自分で病院を探すよりも安全だと思います。海外旅行保険を使う場合は、保険会社への連絡は病院で診察してもらってからでも構いません。

その他に、クレジットカードに自動付帯保険の海外旅行傷害保険がついているものは、クレジットカード会社に連絡すると補償が受けられます。

けがをしてしまった場合の対処法

けがをしてしまった場合も、海外旅行傷害保険の傷害治療に加入していれば補償が受けられます。まずは保険会社に連絡をして状況を伝えてください。

ここで注意しないといけないことは、海外旅行中に急に歯が痛くなって急きょ歯医者で治療してもらうことになった時は、歯の治療は補償の対象にならない保険がありますので加入するときに保険会社に確認してください。

病気やけがのいずれも場合でも、診療と入院のときは医師の診断書や領収書、事故のときは警察が発行する事故証明書、などが必要になります。


トップページへ戻る | 海外旅行のトラブル

スポンサーリンク

ナビゲーション