本文へスキップ

航空運賃が格安のLCC(ローコストキャリア)の仕組み

青い空の向こうへ

旅に出よう

航空運賃を安く抑える為のLCCの基礎知識

海外個人旅行には今までの航空運賃よりもさらに割安な航空券がおすすめ

↓LCCと同じくらい航空運賃が安い中国南方航空↓
LCCと同じくらい航空運賃が安い中国南方航空

一昔前では、航空運賃が安い航空券を購入する際は、PEX航空券または格安航空券を選ぶのが主流でしたが、現在では違っていることをご存じでしょうか。

PEX航空券と格安航空券の特徴をまとめると次のようになります。

チェックマークPEX航空券の特徴
PEX航空券とは、航空会社が正規運賃で売り出していた航空券を、ある一定の条件を加えて正規運賃よりも割引して売り出した航空券のことです。
PEX航空券は、航空会社や旅行会社で購入できます。
チェックマーク格安航空券の特徴
格安航空券とは、ツアー用の団体割引運賃の航空券を旅行会社が仕入れて、その航空券をばら売りして価格を安く提供している航空券のことです。
したがって、格安航空券は旅行会社でしか購入することができません。

このように、PEX航空券や格安航空券は、飛行機の運賃を少しでも安くしたい時に利用されており、個人手配で海外旅行へ行く時は必ずPEX航空券や格安航空券を購入して旅行を楽しんだ人は多かったと思います。

しかし、2010年頃からLCC(ローコストキャリア)と言う航空会社が勢力を強めたことにより、PEX航空券や格安航空券よりもさらに航空運賃が安い航空券が登場しました。

LCCの人気が出てきてからは航空業界の環境は劇的に変わっており、PEX航空券や格安航空券では考えられないくらいの破格の値段で飛行機に乗ることができる時代になり、飛行機での海外旅行が身近なものになりました。

ここでは、LCCという言葉を聞いたことがあるが今までの航空会社と何が違うのか、どのようにコストダウンしているのかについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

個人旅行者やバックパッカーに人気があるLCCというチケットとは

飛行機のチケット

LCC(ローコストキャリア)という言葉を初めて耳にした人には何のことだろうと思われますが、簡単に説明するとLCCとは航空運賃が安い航空会社のことです。
※現在は、LCCという航空会社が航空運賃が一番安い破格の値段の航空券を提供しています。

今までの航空会社は、一定のサービスを飛行機の利用者に提供して航空運賃を安くする努力をしていましたが、LCCは根本的に考えが異なり徹底的にサービスを削ってコストダウンをして航空運賃に反映しています。

ですので、機内サービスも必要最小限となるように削減しているので、LCCで機内サービスを利用するには基本的に追加料金を支払わなければいけないと思ってください。

LCCのチケットの種類は、基本的にはエコノミークラスとプレミアムクラスの2種類があります。
※エコノミークラスよりもプレミアムクラスの方がシートがゆったりしています。

また、オプションを設定しなければフライトのみのサービスとなりますが、オプションを追加(オプション料金が必要です)すると受託手荷物や機内食のサービスが追加料金なしで受けられます。
※各種サービスがチケット料金に含まれるのか含まれないのかという違いです。

なお、受託手荷物のオプションサービスを利用しない方は、チェックインカウンターで手荷物を受託手荷物として預ける場合は手数料として約3000円支払うことになるので注意してください。
※受託手荷物には重量制限があります。約20kgを超える荷物は受付不可になっているか、超過手荷物料金を支払って対処してください。また、客室へ手荷物として持ち込む荷物は7kgまでなどと制限されているので気をつけましょう。

ほとんどのLCCはインターネットでの受け付けのみでチケットを予約する仕組みです。チケットを予約した後に支払うチケット料金の支払い方法としては、クレジットカード決済しか受け付けていないことが多く、チケット代の他に支払い手数料が別途取られます。
※決済するとメールで確認書が届くので、確認書をプリントアウトして飛行機の搭乗日にプリントアウトした確認書を持ってカウンターへ行きチェックインしてください。

LCCの飛行機に乗る当日のチェックインの手順は、次のように今までの航空会社と特に変わりはありません。時間に余裕を持って空港に到着するようにしましょう。

チェックマークLCCのチェックインの方法
どの航空会社のチェックインでも、搭乗する飛行機の出発時刻の数時間前までにおこなわなければいけません。空港のチェックインカウンターへ直接行けばチェックインできますが、スマホやパソコンからWebチェックインを利用すればスムーズにチェックインができます。
なお、事前に電子メールで受け取ったEチケットの控えは印刷して空港へ持参してチェックインカウンターで提示して搭乗券をもらってください。チェックインの締め切り時間に遅れると搭乗できなくなるので注意しましょう。
※Eチケットとは、電子航空券のことで各人の航空券のデータは航空会社のコンピューターに保存されています。

LCCがコストダウンしている具体的な内容とは

経費のコストダウン

LCCのコストダウンには、受託手荷物や機内食を別料金にしているということを話しましたが、その他にも次のように航空運賃を安くする為の数多くの対策がされています。

  1. LCC専用のターミナルを持っていて、飛行機に乗り込むには搭乗橋ではなくタラップ車を使うので、建物の外に出て歩くかバスを利用します。
  2. 無料で提供していた機内食やドリンクを廃止して有料化しています。
  3. 大勢の乗客が乗れるように改良してあるので通常の飛行機よりも座席数が多く座席どうしの間隔が狭いので窮屈です。
  4. カウンターに預ける荷物(受託手荷物)は航空運賃には含まれていないので別料金になります。
  5. 機内に持ち込める手荷物は重量制限があります。
  6. 飛行機の出発や到着の時間帯は早朝や深夜が多いです。
  7. 座席にモニターが装備されていないことがあります。
  8. LCCの航空券は、基本的にインターネット販売のみ扱っており人件費を削減。

以上のような、様々なサービスを省略して航空運賃を安くしています。

LCCの航空運賃といままでの航空会社の航空運賃とを比べてみると、LCCの航空運賃の方がビックリするくらい安いです。LCCに興味がある方は1度利用してみることをおすすめします。

航空券の種類・運賃・購入の関連ページ


トップページへ戻る | お役立ち情報

スポンサーリンク