本文へスキップ

海外旅行で現金の代わりになるプリペイドカードの説明

青い空の向こうへ

旅に出よう

プリペイドカード

プリペイドカードについて

プリペイドカードとは、日本であらかじめカードにお金を入金して、その入金したカードを海外旅行へ持って行って、海外のATMから残高の範囲内で現地通貨を引き出せるカードのことです。

プリペイドカードは、国際キャッシュカードと使い方が似ていますが少し違います。
国際キャッシュカードは銀行口座ですが、プリペイドカードは銀行口座ではありませんので無審査でカードを発行できます。

プリペイドカードのタイプは、次の2種類があります

  1. 海外だけ使えるカード
  2. 海外と国内両方使えるカード

どちらのカードでも海外で利用できますが、日本で使う予定がない方は海外だけ使えるカードを発行することをおすすめします。

メリット
現金を持ち歩かなくてよいので安全で、お金を両替する手間もありません。
現金の両替や国際キャッシュカードで引き出すよりもレートが良いのでお得です。
クレジットカードのようにショッピングにも使えます。
お金を入金する時は、インターネットバンキングやATMから簡単にできます。
デメリット
現金をATMから引き出す時に手数料がかかりますが、総合的に使い勝手が良い便利なカードであると思います。
発行にかかる期間
1週間程度で発行できます。
発行方法
クレディセゾン、三井住友VISAなどで発行ができます。

トップページへ戻る | 海外旅行の準備を始めよう

スポンサーリンク

ナビゲーション