本文へスキップ

海外旅行に持って行く現金の特徴について理解する

青い空の向こうへ

旅に出よう

現金の基礎知識

現金の説明

現金(海外のコイン)

海外旅行に持って行くお金の種類として、街中でのデパートでのショッピング時や中級ホテルでの宿泊時などでは、特に問題なく使うことができますのでクレジットカードはとても人気があります。

しかし、田舎に行った時や小さなホテルに宿泊した時、小さな売店などを利用した買い物時では、現金でないと支払いができない時があります。このように、クレジットカードが使えない時のことを考えて、現金は必ず少額でもいいので持って行くようにしてください。

海外旅行に出発する時は、現地通貨を持って日本を出国しないと不安になる方がいると思いますが、とくに前もって日本で両替をする必要は全くありません。

スポンサーリンク

初めに現地通貨に両替するポイント

現金を現地通貨に両替する方法のポイントですが、旅行先の現地空港の到着ロビーに必ず両替所がありますので、そこの両替所を使って両替を行ってください。
※現地の空港で両替した方が日本で両替するよりもレートがわずかですがいいことが多く、主要の空港ならば24時間両替できますので深夜に到着しても慌てなくても大丈夫です。

海外の両替所でどのように両替をしたらいのかわからない方や英語がよくわからない方は、「イクスチェンジ マニー(Exchange money)」と両替所の従業員に伝えて日本のお金(1千円、5千円、1万円紙幣のみ受け付け可)を渡せば両替してもらえます。

どうしても現地通貨を持って日本を出国しないと不安であるという方は、日本の出発する空港の出発ロビーか到着ロビーに両替所がありますので、そこで両替(日本語で対応できます)してください。

旅行先の現地で現金が両替できる場所としては、主に街中にある銀行と両替所です。

その他の場所では、宿泊したホテルでも両替はできますが両替レートはかなり悪くなります。現金が緊急で必要になった場合以外では、街中にある銀行か両替所で両替をすることをおすすめします。

なお、空港でも街中にある両替所でも現金を両替する時はパスポートの提示が必要なので準備してください。

現金のメリットとデメリット

現金はどこでも使うことができ便利ですが、大金は持ち歩かないようにしましょう。

現金のメリット
小さな売店などでちょっとしたものなどを購入するときは現金に勝るものはありませんし、どんなお店でも現金は受けつけてくれますので、利便性がとても高いです。
現金のデメリット
両替所で現地通貨へ現金の両替が必要になります。
一番のデメリットは、盗難・紛失した場合は海外旅行保険ではカバーできませんし(補償の対象外)、運良く見つかって手元に戻ってくる確率も無いに等しいことです。

トップページへ戻る | 海外旅行の準備を始めよう

スポンサーリンク

ナビゲーション