本文へスキップ

海外旅行中に現地通貨で現金を引き出す為の海外のATMの操作方法

青い空の向こうへ

旅に出よう

現地ATMはどのように操作すればよい?

海外旅行で利用できるATMとカードの種類

キャッシュカード・デビットカード、クレジットカード

昔は、海外旅行先でATMが利用できる時間帯や場所には限りがありましたが、最近では24時間利用可能なATMや利用できる場所も増えていて大変便利な時代となりました。

ATMを利用して少しずつお金を引き出して旅行すれば大金を持ち歩かなくてよくなるのでお金を盗まれたり落としたりする確率が減り安全です。

クレジットカード、国際キャッシュカード、プリペイドカードの裏面を見ると、PLUS(プラス)かCirrus(シーラス)のロゴマークが書いてあると思います。このロゴマークは、銀行のオンラインシステムのことで、カードに書かれているロゴマークと同じものが旅行先の街角に設置されているATMに表示されている場合に利用ができるようになります。

海外ATMでできることは、現地通貨を引き出すことです。主に、国際キャッシュカードとプリペイドカードでの現金の引き出しと、クレジットカードでのキャッシングが利用できます。

海外のATMの取引画面は英語で表示されているので、初めは操作にてこずると思いますが、操作の流れが一通りわかれば、次回利用する際は同じようにボタンを押していくだけです。

英語表示がわかればなんとか引き出すことはできますので、海外のATMで操作する時に使う英単語をしっかり覚えましょう。

スポンサーリンク

海外のATMの画面の英語表示の説明

海外のATMで現地通貨を引き出す

海外でATMを操作する時は、当たり前ですが取引画面には英語で表示がでてきますので、英語の意味がわからないと操作が進んでいきません。

ここでは、海外のATMの操作に必要不可欠となる英単語についてまとめました。

海外旅行でATMを利用する予定がある方は、ここで紹介している言葉を覚えれば操作は簡単に進んでいきますので、ぜひ参考にしてください。

PIN
暗証番号を入力することです。
暗証番号がわからないとATMは利用できません。
Saving
普通預金口座のことです。
Savingは、普段私たちが銀行で利用している口座のことです。
Cheque
当座預金口座のことです。
一般の人には特に関係ありません。
Balance Inquiry
口座の残高照会をします。
ATMは現金を引き出さずに残高照会だけでも利用できます。
Withdrawal
現金を引き出す時に使います。
現金の引き出しレートは、その時の外国為替のレートに銀行の手数料を加えたものが適用され、現地通貨で現金を受け取れます。
Credit
キャッシングのことです。
お金を借りる時に使います。
Amount
現金を引き出す金額を入力します。
Enter、Correct
確認ボタンやOKボタンのことです。

海外のATMで現金を引き出す時の操作方法

現在では世界の至る所にATMが設置されているので海外旅行がしやすい時代になりましたが、ATMにはいろいろ種類があるので日本から持っていった国際キャッシュカードやクレジットカードを受け付けてくれるATMを見つけなければいけませんよね。

日本から持って行ったカードを受け付けてくれるATMはPLUSかCirrusのマークが書かれているATMですので、カードの裏面に描かれているマークと同じATMを使ってください。
※VisaはCirrus、MasterCardはPLUSを使えば現金が引き出せるといわれますが、その他のカードでもカードの裏面にPLUSかCirrusのマークが描かれていれば引き出すことは可能です。

海外のATMは日本語で表示される機械はほとんどありません。英語の単語の意味が理解できればスムーズに操作できますので英語での操作に慣れてください。
※海外のATMは日本のATMと使い方は基本的には同じです。

手順1.カードをATMに挿入します。
カード(国際キャッシュカード、プリペイドカード、クレジットカード)をATMに入れるとPIN番号(暗証番号)を入力する画面がでてくるので、カードの暗証番号を入力してEnterボタンを押してください。
※挿入したカードが利用できない場合はすぐにカードはでてきます。また、日本でも同じですが何回か暗証番号を間違えて入力すると使えなくなるので気をつけてください。
手順2.取引画面に切り替わります。
入力した暗証番号が正しければ取引できる画面に切り替わります。
取引画面には、Balance Inquir(国際キャッシュカード、プリペイドカードの場合)、Withdrawalが選べますので、残高照会がしたい場合はBalance Inquir、引き出したい場合はWithdrawalを選択してください。
手順3.さらに画面が切り替わります。
Withdrawalを選択すると、Saving、Creditが選べますので、普通預金口座から引き出す場合はSavingは、キャッシングする場合はCreditを選択してください。
※国際キャッシュカードやプリペイドカードでお金を引き出すならSavingを選び、キャッシュカードでお金を借りるならCreditを選びます。
手順4.引き出す金額を入力します。
Amountの画面に切り替わるので引き出したい金額を入力してください。
金額を入力すると、その日の為替レートで両替された現地通貨が明細と共にでてきますので引き出しは完了です。最後にカードの取り忘れがないか確認してください。
※現金を手にした安心感からカードを取り忘れることがあるので十分注意してください。

なお、国際キャッシュカードで現金を引き出すと、現在の為替レートに3〜5%程度の手数料と数百円の利用手数料が加算されて預金口座から引かれますので少し不利です。

海外旅行に持って行くと役に立つ各種カードの関連ページ


トップページへ戻る | 海外旅行の疑問

スポンサーリンク