本文へスキップ

海外旅行で日本へ帰国する飛行機の中で行うこと

青い空の向こうへ

旅に出よう

飛行機へ搭乗する(日本へ帰国)

飛行機の中ではくつろいでください

海外旅行の帰りで日本へ帰国する飛行機に乗り込んだら、まず初めにすることは自分が座る座席を探します。
エコノミークラスの場合は、だいたいの飛行機では後ろの方の席になります。
搭乗ゲートから飛行機に乗り込むとフライトアテンダントがいますので、自分が座る座席がわからない方は尋ねるのがいいと思います。

エコノミークラスの場合では、座席の間隔が狭いので、足が痛くなったり、背中が痛くなったりしますが、最近の飛行機はエコノミークラスでも、映画、音楽、ゲームなどを楽しむことができます。

食事をします

利用する航空会社により違いますが、飛行機の中では、食事、飲み物、おつまみなどが無料で提供されます。

食事は、主に肉料理と魚料理がメインです。
飲み物は、ミネラルウォータとジュース、アルコールはワインがあります。

機内サービスは航空会社によって異なりますので、いろいろ乗ってみてお気に入りの航空会社を探すのもいいと思います。

LCC(ローコストキャリア)という航空会社では、食事は有料サービスの場合が多いです。

検疫質問表を記入します

日本から海外へ出発した時は入国カードを記入しましたが、海外から日本へ帰国する時は検疫質問表(検疫質問票)を記入します。

検疫質問表とは、旅行中の体調はどのような感じでしたか?という質問表のことです。

もし、検疫質問表を飛行機の中でもらえなかったときは、日本の空港の検疫カウンターにたくさん置いてありますので、到着してから記入すれば大丈夫です。


トップページへ戻る | 海外旅行の出国から帰国までの流れ

スポンサーリンク

ナビゲーション