スーツケースとバックパックの使いやすさの比較

スーツケースとバックパックの知識を身に着けて

飛行機に乗って青い空の向こうへ1人旅に出よう

スーツケースとバックパックの基礎知識

トップページ > 海外旅行の基礎知識を知ろう > 海外旅行で使うスーツケースとバックパックの比較

海外旅行の荷物を入れるカバンは、スーツケース又はバックパックを使います。

スーツケースとは、ABS樹脂やアルミ素材で作られた丈夫でキャスター付きのカバンのことで、バックパックとは、ナイロンなどの素材で作られた背中に背負うカバンのことです。

どちらのカバンでも一長一短あり、各人で向き不向きがありますので、スーツケースとバックパックの違いをよく理解してから準備を始めてください。

目次

海外旅行で使うカバンの種類

海外旅行で使うスーツケースとバックパック

海外旅行に行く時は、手ぶらでは行きませんので、荷物を入れる為のカバンが必要になります。

荷物を入れるカバンは大きく分けて、次の2種類に分類されます。

  1. スーツケース:プラスチックやアルミ素材でできていてとても丈夫なカバン
  2. バックパック:背中に背負って使うので階段や長距離の移動がしやすいカバン

このように、海外旅行で使うカバンはスーツケースとバックパックの2種類があるので、どちらのカバンにしたらいいのか悩む方がいるのではないでしょうか?

特に日本は安全な国なので国内旅行に行く時にカバンにカギが掛けられるかどうか、カバンが丈夫かどうかは意識しないと思いますが、海外旅行に行く場合はカバンのカギや丈夫さは考えなければいけません。

海外旅行の場合は、空港で手荷物(スーツケース)を預けると思います。荷物を飛行機に積む時や飛行機から降ろす時に荷物が破損しない為のスーツケースの丈夫さ、また、カバンにカギが掛かっていないとスーツケースの蓋が開く恐れがでてきます。

海外旅行へ行く国により異なりますが、ホテルに泊まる時にカバンにカギを掛けていないと部屋に置いてあったスーツケースの中の荷物が盗まれる恐れがあります。

また、海外旅行の移動中でもカバンにカギが掛かっていないとスーツケースの中の荷物が盗まれる可能性がありますし、スーツケースは重たいので階段を登ったり降りたりするときは荷物を手で持ち上げなければいけないのでとても疲れると思います。

バックパックを使って海外旅行に行こうと考えている方も、バックパックの良いところと悪いところがありますので購入する時はよく考えてからにしてください。

スーツケースかバックパックかどちらのカバンを使うにしても、それぞれ良いところと悪いところがありますので、どちらのカバンの方が優れているかは一概にはいえません。

海外旅行では、パッケージツアーはスーツケース、個人旅行はバックパックを使うという常識がありますが、どちらのカバンを選ぶのかは各人の旅行スタイルや好みで決めればいいと思います。

スポンサーリンク

スーツケースとバックパックの特徴の比較

海外旅行で使うカバンは、スーツケース又はバックパックのどちらかを使うことが普通です。

両者のカバンの使用感は良い所もあれば悪い所もあるので、カバンを賢く選ぶ為には、スーツケースとバックパックの特徴の違いをしっかり理解することが重要です。

そこで、下の表でスーツケースとバックパックの特徴を比較しましたので選ぶ時の参考にしてください。

  スーツケース バックパック
頑丈さ プラスチックやアルミの素材を使ったハードケースならとても頑丈です。
(スーツケースには、ハードケースの他に、ナイロンや布を使ったソフトケースもあります。ソフトケースはバックパックと同じように破れやすいです。)
生地はナイロンなどを使っているので丈夫ではありません。こすれたりするともつれて破れやすいです。
盗難 ハードケースはカバンにカギをかければ荷物は盗まれにくくなります。ソフトケースはハサミやナイフなどを使えば破れるので荷物は盗まれやすいです。 生地が軟らかいのでハサミやナイフなどを使えば破れるので、荷物は盗まれやすいです。
段差(階段)の取り扱い スーツケース自体が重たくサイズが大きいので、階段などの段差がある場所での移動は苦労します。 バックパックは背中に背負っているので段差は関係なくどんな場所でも身軽に移動できます。
重さ 重たいです。カバン自体の重さは約3〜5kgあります。 軽いです。カバン自体の重さは約1.5〜2.5kgあります。
防水 ハードケースは雨が当たっても中の荷物は濡れませんが、ソフトケースは防水ではないので荷物が濡れます。 バックパックは防水素材が使われていますが防水性能が弱いので雨が当たるとカバンの中の荷物が濡れます。
大きさ ハードケースはカバンの中に入れる荷物が少なくても大きさは可変できません。ソフトケースは可変できます。 カバンの中に入れる荷物の量により大きさが変化できます。
荷造り 開口口が大きいので荷物の出し入れがしやすいです。 開口口が小さいので荷物の出し入れが面倒です。
見た目 高級感があるデザインなのでかっこいいです。海外旅行でよく目にする旅行スタイルです。 海外旅行というよりも登山に行くようなスタイルになってしまうので、高級ホテルに宿泊するとみすぼらしく見られることがあります。
得意な場所 カバンの底にキャスターがついているので塗装された平坦な場所はとても移動しやすいです。 バックパックは背中に背負っているのでどんな場所でも不便はありません。万能型のカバンです。
おすすめの旅行者 スーツケースは、ショッピングが目的の方、1つのホテルを起点に観光地を周る方におすすめです。主に、パッケージツアーで海外旅行に行く方がよく使うカバンです。 バックパックは、電車やバスで移動することが多い方、ゲストハウスやユースホステルなどの狭い部屋に泊まる方におすすめです。主に、個人手配で海外旅行に行く方がよく使うカバンです。

おすすめの海外1人旅の準備で役立つ本

ポケット版 ひとめでわかる! 海外旅行安心ハンドブック>amazonはこちらから

>楽天ブックスはこちらから

海外1人旅へ行くには、パスポートの取得、チケットやホテルの予約などのすべての手続きを自分で行わないといけません。

また、海外旅行の準備が無事整ったら、次は飛行機の搭乗日に空港へ行って出国しますが、初めて海外へ行かれる方は、まずは空港での手続きの流れに不安があると思います。

海外1人旅は慣れれば楽しいですが、初めての方は不安だらけなので、いろいろな不安を解決する為に読んでおきたい本が、ひとめでわかる! 海外旅行安心ハンドブックです。

ひとめでわかる! 海外旅行安心ハンドブックは、パスポートやビザの取得方法、持ち物の準備方法、出国から帰国までの詳しい流れと説明、現地でのトラブルの対処方法、簡単な英会話など海外1人旅で必要になる知識が盛りだくさん書かれています。

ホテルのチェックインや買い物をする時など現地で役に立つ情報もいくつか書かれているので、海外1人旅の不安を取り除いてスムーズに進ませる為にも1度読んでおくことをおすすめします。

スーツケースとバックパックの関連ページ


トップページへ戻る | 海外旅行の基礎知識を知ろう

スポンサーリンク