海外旅行で電気機器を充電・動作させる時に使う変換プラグと変圧器の説明

変換プラグと変圧器の知識を身に着けて

飛行機に乗って青い空の向こうへ1人旅に出よう

海外旅行で使う変換プラグと変圧器をそろえよう

トップページ > 海外旅行の準備を始めよう > 海外旅行で電気機器を充電・動作させる為の変換プラグと変圧器を揃えよう

海外旅行先の国で日本製の電化製品を使う時は、変換プラグと変圧器を用意してください。

日本で使っているノートパソコン、スマホ、デジカメなどを海外旅行に持って行って海外で充電するには、日本と海外ではコンセントの形状が異なるので変換プラグを使わなければなりません。

また、海外の電圧に対応していない変圧器を海外で使うと事故の原因になるので、海外の電圧に対応している変圧器を使ってください。

海外旅行先で電気を使う時にあたふたしない為にプラグの形状と変圧器の知識を身につけましょう。

目次

日本と海外の電化製品のプラグの形状とコンセントの電圧の違い

海外のコンセント

私たちが日常で電化製品を使う際は、コンセントに差し込みプラグを差し込んで電化製品に電気を供給して使っています。

日本のコンセントには交流100Vという電圧が各家庭に送られており、日本で販売されている電化製品は日本のコンセントに差し込んで使うことができるように、使用電圧と差し込みプラグの形状が適切に設計されています。

しかし、海外を見てみると日本と同じ差し込みプラグの形状をしていない国がたくさんありますし、各家庭に送られている電圧も日本とは異なり交流100Vよりも高電圧の国がほとんどです。

最近では、パソコン、スマホ、携帯電話、デジカメなどのモバイル機器、風呂上りに髪の毛を乾かす為のヘアドライヤーや女性の方はヘアアイロンを海外旅行に持ち歩く旅行者が増えましたが、日本のコンセントの形状と電圧に合うように設計されている日本の電化製品を海外旅行先に持ち込んでも、そのままの状態ではプラグをコンセントに差し込むことができません。

日本と同じプラグの形状を採用している国に運良く旅行に行って、電化製品のプラグをコンセントに差し込んでコンセントから日本の電化製品に電気を供給しても、使用電圧が違うため電化製品が壊れてしまう可能性がありますし、最悪の場合は発火してしまいますので注意が必要です。

電化製品を海外で安全に使う為には、変圧器とプラグの形状の知識を身に着けてください。

スポンサーリンク

電化製品のプラグの形状の種類

日本で採用されている電化製品のプラグの形状はAタイプといって、みなさんがよく知っている刃の形は長方形で平形のプラグです。

しかしながら、世界で使われているプラグの形状はAタイプだけではなく、主に下記で紹介している8種類(A、B、C、O、O2、B3、BF、SE)のプラグが存在しています。

プラグの形状は国によって違いますし、同じ国の中でも地域によっても使われているプラグの形状は異なります。

日本の電化製品を海外で使うには通常は変換プラグが必要になる国が多いので、海外旅行で、スマホ、ノートパソコン、デジカメなどのモバイル機器やドライヤーを使われる予定の方は、海外旅行先の国で採用されているプラグの形状を事前にしっかり調べてから変換プラグの商品を購入するようにしてください。

プラグのタイプ プラグの説明
Aタイプのプラグ Aタイプのプラグは、主に日本や北アメリカで使われています。プラグのピンの形は平らです。
Bタイプのプラグ Bタイプのプラグのピンは、直径5mmの丸形です。
Cタイプのプラグ Cタイプのプラグは、主にヨーロッパで使われています。プラグのピンは、直径4mmの丸形です。
Oタイプのプラグ Oタイプのプラグは、主にオセアニアで使われています。プラグのピンの形は平らです。
O2タイプのプラグ O2タイプのプラグのピンの形は平らです。
B3タイプのプラグ B3タイプのプラグのピンは丸形です。
BFタイプのプラグ BFタイプのプラグのピンの形は平らです。
SEタイプのプラグ SEタイプのプラグのピンは丸形です。

海外旅行で使うおすすめのマルチ変換プラグ

カシムラ 海外用変換プラグ サスケ/ブルー NTI-13>amazonはこちらから

>楽天市場はこちらから

海外旅行で使う変換プラグといえば、カシムラのサスケNTI-13という商品が有名です。この変換プラグを1つ持っていればB3L(南アフリカ)以外は対応可能なので海外旅行の必需品として愛用している旅行者は多いです。

定格電流が6Aなので消費電力が大きいヘアドライヤーは弱にして使ってください。

コンセントの電圧を変換する変圧器の役割

変圧器という言葉は普段の生活ではあまり聞き慣れないと思いますが、変圧器は電圧を変換する時に使う機器のことです。

ほとんどの電化製品は半導体素子で制御されていて直流5~20Vで動作するので、スマホ、ノートパソコン、デジカメではコンセントに差し込むACアダプターが変圧器の役目を果たし、テレビやLED灯では本体の中に電源回路として内蔵されています。

日本では交流100Vの電圧を各家庭のコンセントへ供給していますが、海外では交流200Vを超える電圧を各家庭へ供給している国は多数あります。

交流200Vの何がいけないのかというと、日本の電化製品に内蔵してある変圧器やACアダプターの変圧器では海外の電圧に耐えきれないかもしれないからです。

要するに、変圧器を使う目的は、日本の電化製品には適さない海外の電圧を、日本の電化製品に適した交流100Vに変換して、日本の電化製品を利用できるようにする為に変圧器を使います。

では、変圧器はどの箇所に入れて使えばいいのかというと、次のようにコンセントと電化製品との間(コンセントとACアダプターの間)です。

コンセントと電化製品との間に変圧器を入れる

海外のコンセントを使う時の注意点ですが、その国に対応した変換プラグだけを使えばコンセントに差し込むことができるようになりますが、電化製品を安全に使う為には必ず変圧器も一緒に使うことをおすすめします。

但し、次のような海外の電圧に対応しているACアダプターをお持ちの場合は変圧器を別途用意する必要ありません。また、周波数は特に気にする必要はありません。

海外の電圧に対応しているACアダプター
下の写真のACアダプターの場合は、入力電圧が240Vまで対応していますので変換プラグだけで電化製品が動作できます。したがって、コンセントとACアダプターの間に変圧器を入れる必要はありません。
海外の電圧(240Vまで)に対応しているACアダプター
海外の電圧に対応していないACアダプター
下の写真のACアダプターの場合は、入力電圧が100Vまでしか対応していませんので、コンセントとACアダプターの間に変圧器を入れて使ってください。
海外の電圧に対応していないACアダプター

海外旅行におすすめの変圧器1

BESTEK 海外旅行用変圧器 変換プラグ付き 90V-240V to 100V 変換 並行輸入品>amazonはこちらから

>楽天市場はこちらから

BESTEKの変圧器は、コンセントが3つ、USBポートが4つ装備されていて、全世界で使える変換プラグ付きの商品です。一度にたくさんのモバイル機器を充電したり動かしたい方の電源に最適です。
※コンセントの定格出力が200Wなのでヘアドライヤーやヘアアイロンなどの消費電力が大きい電化製品は使用できません。

海外旅行におすすめの変圧器2

MOCREO 海外旅行用変換プラグ マルチコンセントアダプター A・BF・C・O・SEタイプセット USB充電ポート2個付 ブラック>amazonはこちらから

MOCREOの変圧器は、USBポートが2つ装備されていて、A、O、C、BF、SE型のプラグが使えれるマルチタイプですのでほとんどの国で使用可能です。

この商品にはコンセントの出力が装備されていないので、USBポートしか使わない方で変圧器をコンパクトにしたい方におすすめです。

海外でスマホ、ノートパソコン、デジカメを充電するには?

海外旅行で使う変換プラグ

日本で使っているスマホ、ノートパソコン、デジカメ等の電気機器を海外に持って行って充電するには、実際のところコンセントにどのように接続したらいいのかわからない方がみえると思いますが、上記で説明した変換プラグと変圧器を組み合わせて使ってもらえれば充電できます。

変換プラグと変圧器の組み合わせ方は次の通りです。

  • ACアダプターの入力電圧が240Vまで対応している場合は、変換プラグのみ用意してください。
  • ACアダプターの入力電圧が100Vまでしか対応していない場合は、変換プラグと変圧器を用意してください。

最近のACアダプターは240Vまで対応しているのでほとんどの場合は変換プラグのみ海外へ持っていけば大丈夫です。

世界で使われているコンセントの電圧と主なプラグのタイプ

同じ国の中でも地域によってプラグのタイプは異なりますので気をつけてください。

以下に国ごとにコンセントの電圧とプラグのタイプを紹介しますので、海外旅行に変換プラグを持参する時の参考にしてください。

アジア
電圧 プラグタイプ
韓国 110V/220V A、C、SE
モンゴル 220V B、C、B3
中国 220V B、C、O、O2、B3、BF、SE
香港 220V B、B3、BF
台湾 110V A、C、O
シンガポール 230V BF
フィリピン 120V/230V/240V A、B、C、O、B3
カンボジア 220V A、C、SE
ベトナム 110V/220V A、C、BF、SE
タイ 220V A、C、BF
ラオス 220V C
ミャンマー 240V B、B3
マレーシア 240V BF
インド 240V B、C、B3、BF
インドネシア 220V C
ヨーロッパ
電圧 プラグタイプ
ドイツ 230V C、SE
イギリス 240V BF、B3
フランス 220V C、SE
スイス 230V C
オランダ 230V B、C、SE
イタリア 125V/220V C
スペイン 220V C
オセアニア
電圧 プラグタイプ
オーストラリア 240V/250V O
ニュージーランド 230V/240V O
パプアニューギニア 240V O
北米
電圧 プラグタイプ
アメリカ 120V A
カナダ 120V/240V A、BF
中南米
電圧 プラグタイプ
メキシコ 110V/120V/127V A
ブラジル 110V/127V/220V A、C
ペルー 220V A、C、SE
チリ 220V C
アルゼンチン 220V C、O、BF、SE
アフリカ
電圧 プラグタイプ
エジプト 220V C
南アフリカ共和国 220V/230V/250V B3L
ケニア 240V B3、BF、C
ウガンダ 240V BF、C

トップページへ戻る | 海外旅行の準備を始めよう

スポンサーリンク