海外旅行に行く時に加入する海外旅行傷害保険の役割・種類・補償内容

海外旅行傷害保険の基礎知識を身に着けて

飛行機に乗って青い空の向こうへ1人旅に出よう

海外旅行で加入する海外旅行保険の役割・種類・補償内容

トップページ > 海外旅行の基礎知識を知ろう > 海外旅行傷害保険の役割とは

海外旅行に行く時は、パスポートやビザの取得、航空券やホテルの予約、そして、海外旅行傷害保険に加入することです。

海外旅行傷害保険とは、海外旅行中に病気・ケガや盗難などのトラブルが発生した場合に保険会社が金銭的な補償をしてくれるものです。

なお、海外旅行傷害保険は必ず加入しなければいけない保険ではありません。加入するかしないかは各人で任意で決めてください。

目次

海外旅行傷害保険って何ですか?

ケガをした少年

海外旅行に行くには、パスポート、ビザ、そして、航空券を用意すれば日本の空港を出発することができますね。

しかし、海外旅行中は何事もトラブルが発生せずに毎日楽しく過ごせられればいいのですが、ちょっとした不注意で何かしらの予期せぬ事故が起きてしまうこともあるので甘く考えない方がいいです。

例えば、

  • 生ものを食べたらお腹を壊して腹痛が治まらないので病院に行った。
  • よそ見をして歩いていたら段差でつまずいてケガをしてしまった。
  • 少し目を離していた隙に自分の荷物が盗まれてしまった。

などのように、ちょっとした気の緩みによって、病気、ケガ、荷物の盗難は起きてしまいます。

そこで、海外旅行時に役に立つのが海外旅行傷害保険です。

海外旅行傷害保険とは、海外旅行中に、病気、ケガ、荷物の盗難などの何かしらのトラブルに見舞われた時に、その損害を保険を使ってカバーしようという役割を持った保険商品です。

海外旅行中は何事もなければいいのですが、万が一トラブルが起こってしまってからでは遅いので、海外旅行の出発前に加入を検討してみてください。

海外旅行傷害保険でカバーできるトラブルの例

上記の説明を読んで海外旅行傷害保険の役割がわかったところで、海外旅行傷害保険に加入していたらどのような損害がカバーできるのかいくつか例を見てみましょう。

  • 例1.海外旅行中に病気やケガをして病院で診察してもらった時は、治療にかかった料金が補償されます。
  • 例2.海外旅行中に他人の物を壊してしまった時は、修理費用が補償されます。
  • 例3.海外旅行中に自分の荷物が盗まれたり破損した時は、1品に対して最大10万円が補償されます。

上記の例のように、海外旅行傷害保険に加入していることによって、いろいろなトラブルが起きた時に金銭的な面で助かることがあります。

海外旅行傷害保険は、万が一自分の身の回りで何かが起きた時の損害をカバーする為に備えるものですので、加入しても加入しなくてもどちらでも構いません。

しかし、旅行中にケガなんてしないし荷物も盗まれることなんてまずありえない、というトラブルに巻き込まれない強い自信がある方以外は、海外旅行傷害保険への加入を検討された方がいいと思います。

スポンサーリンク

海外旅行傷害保険の種類と補償内容

海外旅行傷害保険の補償内容

海外旅行傷害保険は海外旅行中のトラブルに対応できますが、基本的な補償の種類としては、自分がケガをした時の治療費(後遺障害が残った時も含む)の補償と、自分が死亡したときの補償です。この2つの補償が組み合わされて保険が成り立っています。

海外旅行傷害保険は、ケガと死亡の補償が基本的に軸となりますが、その他にも次のような補償もあります。

  1. 自分の病気の治療費の補償
  2. 自分の荷物の盗難・破損のときの補償
  3. 他人を傷つけたり、他人の物を壊したりしたときの補償

上記の自分の病気や自分や他人の物に対する補償などは、基本となる補償に任意で追加加入することができます。

任意の補償を全部付けようとすれば、当然その追加した分の保険料を上乗せして払わないといけなくなるので保険料は割高になります。

任意で追加する補償の賢い選び方は、病気が流行っている国は病気の治療費の補償、盗難が多い国は荷物の盗難・破損の補償に入るようにして目的に応じて補償をアレンジしてください。

チェックマーク歯の治療時の注意事項
海外旅行傷害保険で気をつけないといけないことは、歯の治療には対応していない保険があることです。
歯の治療の補償もしてもらいたい時はパンフレットで調べたり、保険の担当者へ問い合わせしたりして確認してください。

クレジットカードに付帯の海外旅行保険の補償内容

クレジットカード(一般カードとゴールドカード)

みなさんは、普段の日常生活で何気なく買い物の時に代金の支払いでクレジットカードを利用していると思いますが、そのクレジットカードにも海外旅行保険が付帯されているかもしれないことをご存じでしょうか?

海外旅行保険はクレジットカードに付帯しているタイプと付帯していないタイプがあるので、もし海外旅行保険が付帯しているクレジットカードをお持ちの場合は、わざわざ海外旅行保険に新規で加入する必要はありません。

但し、一般のクレジットカードかゴールドカードかの違いで補償内容が大きく異なりますので1度確認してみてください。

一般のクレジットカードでは、

  • 事故での死亡と後遺障害が残った場合の補償
  • 救援者として現地に行くための交通費や宿泊費の費用

のみ補償されていることが多いです。

一方、ゴールドカードでは、

  • 事故での死亡と後遺障害が残った時と治療費用
  • 病気になった時の治療費用
  • 救援者として現地に行くための交通費や宿泊費の費用
  • 他人の物を壊したなどの賠償費用
  • 自分の物が盗まれた壊れたなどの補償

などの様々な補償が付いています。
※一般のカード・ゴールトカード共に、病気で死亡した場合は保証の対象外になっているものが多いので注意してください。

例えば、事故で死亡した場合で保証される保険金額としては、

  • 一般のカード:1000万円
  • ゴールドカード:5000万円

というように高額ですが、それ以外の補償では支払われる保険金は低額なものが多いので、ケガや病気で海外の病院で治療を受けると支払われる治療費用の保険金でまかなえないことが多くあります。

また、クレジットカードに付帯されている海外旅行保険では、保険金の支払いは現場支払いに対応したキャッシュレスではなく後日請求する形が多いので、その場合は自分で治療現場で治療代を支払う必要がでてきます。

このように、クレジットカードに付帯されている海外旅行保険では高額な治療費用の補償に対応できていないので、場合によっては補償では不足することが考えられます。

クレジットカードの海外旅行傷害保険では補償内容が足りないと感じたら、不足している分を単体で海外旅行障害保険に加入して補うようにしてください。

おすすめの海外1人旅の準備で役立つ本

ポケット版 ひとめでわかる! 海外旅行安心ハンドブック>amazonはこちらから

>楽天ブックスはこちらから

海外1人旅へ行くには、パスポートの取得、チケットやホテルの予約などのすべての手続きを自分で行わないといけません。

また、海外旅行の準備が無事整ったら、次は飛行機の搭乗日に空港へ行って出国しますが、初めて海外へ行かれる方は、まずは空港での手続きの流れに不安があると思います。

海外1人旅は慣れれば楽しいですが、初めての方は不安だらけなので、いろいろな不安を解決する為に読んでおきたい本が、ひとめでわかる! 海外旅行安心ハンドブックです。

ひとめでわかる! 海外旅行安心ハンドブックは、パスポートやビザの取得方法、持ち物の準備方法、出国から帰国までの詳しい流れと説明、現地でのトラブルの対処方法、簡単な英会話など海外1人旅で必要になる知識が盛りだくさん書かれています。

ホテルのチェックインや買い物をする時など現地で役に立つ情報もいくつか書かれているので、海外1人旅の不安を取り除いてスムーズに進ませる為にも1度読んでおくことをおすすめします。

海外旅行傷害保険の関連ページ


トップページへ戻る | 海外旅行の基礎知識を知ろう

スポンサーリンク