本文へスキップ

海外旅行でよく聞く用語のリコンファームの説明

青い空の向こうへ

旅に出よう

リコンファームはいりますか?

リコンファームの説明

リコンファームは海外旅行で帰りの航空券の予約の再確認のこと

海外旅行の楽しかった日々も残りわずかとなり、日本に帰国する日が近づいています。
又は、違う国に移動するかもしれません。帰りの飛行機のチケットや、違う国に移動するチケットをすでに予約してある場合は何もしなくても、そのまま飛行機に搭乗できると思っていませんか?

例えば、旅行に行く為に日本の新幹線のチケットを予約したとします。
この予約したチケットは特に何もする事もなく出発のチケットも帰りのチケットも、当日何事もなく使えると思います。予約したので使える事は当たり前です。

しかし、航空券は少し利用システムが異なります。
ほとんどの方が海外旅行へ出発する前に、日本で帰りの飛行機や次に行く目的地の飛行機を予約したと思いますが、この予約は再確認する必要がある場合があります。
リコンファームとは予約の再確認のことです。

スポンサーリンク

次に乗る飛行機の出発日から72時間前までに予約した飛行機に乗りますという意思を再確認することになっています。このルールは一体何なのと思われるかもしれませんが、ルールですので仕方ありません。リコンファームの確認方法はオフィスに電話をするか、又は直接オフィスに行ってください。

その他の方法では、海外旅行先の現地空港に到着したときに航空会社のカウンターに行って予約の再確認をする方法や、ホテルの受付で頼んで電話をしてもらう方法が手っ取り早いと思います。

リコンファームをする理由

ではなぜ、リコンファームをしないといけないのかというと、せっかく乗る予定で予約してあった飛行機なのにリコンファームをしていなかった為に予約が取り消されていたりするからです。

このようなことは、大昔はたまにありました。空港でダブルブッキングと言われ、意味がわからずどうしますかと聞かれたことがあります。とても恐ろしいですね。

しかし、最近では、このリコンファームをする必要はほとんどなくなっています。
航空会社によって方針が違いますので、航空券を購入したときにリコンファームが必要かどうか確認してください。


トップページへ戻る | 海外旅行の疑問

スポンサーリンク

ナビゲーション