本文へスキップ

海外旅行中の水道水(飲料水)について

青い空の向こうへ

旅に出よう

旅行先の水道水は飲んでもいい?

海外の水道水を飲むと体調を崩す可能性があります

海外の水道水は飲まない方がいいです

みなさんは、世界中の国の水道水が飲料水として適している国は数える程しかないことを知っていますか?
当たり前ですが、私たちは水道水を飲んで生活していますので、日本の水道水は飲料水に適していることになります。

そのような水をずっと飲んできた日本人が、飲料水に適してない国の水道水を飲んだらどうなると思いますか?間違いなくおなかの調子が悪くなることは目に見えています。
(特にアジア地域の水道水は絶対に飲まないでください。)

海外旅行に行って体調を崩して(お腹の調子が悪くなりすぎて)病院に行く人は結構います。私も海外旅行に行った時、お腹の調子が悪くなったので日本から持って行った薬を飲んでみました。しかし全く効き目がなかったので病院に行こうか迷ったことがありましたが、現地で薬を購入して薬を飲んで治しました。

このように、旅行中に辛い事が起きないためにも、どんな銘柄でも構いませんので市販されているミネラルウォーター(飲料水)を購入して必ず飲んでください。

ミネラルウォーターには、炭酸(ガス)ありと炭酸なしの種類があります。
日本人が飲みやすい水は炭酸なしの方です。間違えて炭酸ありの方を購入しないようにしてください。

ミネラルウォーターを購入する時に気を付けないといけないこと
特にアジア地域に旅行に行かれる方はミネラルウォーターのキャップの封が購入した時点で開いているものがありますのでしっかり確認してください。封が開いているものは水道水が入れられている可能性があります。

水道水の他には、かき氷や生ジュースなどでも体調を崩しやすいですので気をつけてください。

毎日、水ばかり飲んでいたら飽きるという方は、日本からスポーツドリンクの粉(ポカリスエット)やお茶の粉(緑茶や麦茶など)を持って行くのがいいと思います。
気分によって作って飲んでください。

旅行中は水道水は限られた国でしか飲めないことを覚えておいてください。

水道水が安全な国はいったいどこなの?

水道水が特に安全な国は主にヨーロッパや日本の水道水は飲料水に適しています。
ヨーロッパ(スイスや北欧)に行かれる方は水道水でも大丈夫ですし、水道水が嫌ならミネラルウォーターを購入されてもどちらでも構いません。


トップページへ戻る | 海外旅行の疑問

スポンサーリンク

ナビゲーション