本文へスキップ

海外旅行に持って行くお金の種類の説明

青い空の向こうへ

旅に出よう

海外旅行に持っていくお金の種類

海外で使えるお金は現金以外にもいろいろあります

海外旅行には現金の他にカード類も便利

みなさんは、お金といえば現金を思い浮かべると思いますが、海外へ現金以外にもお金となる種類のものを持っていく方法はいろいろあります。

知らない土地に行くからには、少しでも安全な方法でお金を持って行きたいですね。
特に盗難が多い国に行く場合は、真剣にお金を持って行く方法を考えた方がいいと思います。

海外へお金を持っていく種類は少なくとも次の5つが考えられます。

  1. 現金
  2. トラベラーズチェック
  3. クレジットカード
  4. 国際キャッシュカード
  5. プリペイドカード

現金以外では、カード類がとても役にたちます。
それぞれいいところ、悪いところがありますので、いろいろ考えて自分に適した方法でお金を持って行ってください。

スポンサーリンク

現金

現金は、いざというときに一番役にたつお金です。
タクシーやバス、電車などの乗り物で移動するときは現金が必要です。また、安いホテルに宿泊するときなどでは現金でなければ支払いを受けつけてくれないところもあります。

日本からたくさんの現金を持っていくことは、盗難や紛失のリスクを考えるとあまりおすすめできません。日本で現金を紛失した場合は見つかる可能性はありますが、海外で現金を失くしてしまうと自分の手元に戻ってくる確率はほとんどありません。2度と見つからないと考えてください。

賢く現金を持って行く方法は、次のようにお金となるものをいくつかに分けて考えてください。
現金だけに頼らずに、小額の現金とクレジットカード、又は国際キャッシュカードやプリペイドカードなどと組み合わせて持って行けばリスク管理は完璧です。

トラベラーズチェック

トラベラーズチェックとは、買った本人しか使うことができない旅行用小切手のことです。
両替するときは、トラベラーズチェックにサインをしてもらえば使うことができますので現金の代わりになります。

良いところ
トラベラーズチェックを発行するときに手数料を取られますが、両替時のレートは現金より良くなります。
また、トラベラーズチェックを盗難や紛失したときは、再発行が可能ですので現金より安全です。
悪いところ
トラベラーズチェックは、基本的に銀行や両替所で両替をすることになりますが、その他では大きなホテルでも両替を受け付けてくれるところもあります。
ホテルで両替する場合は、両替レートは悪くなってしまいます。また、売店やタクシーなどではトラベラーズチェックは両替できません。

注意:手元にあるトラベラーズチェックはまだ使うことができますが、日本でのトラベラーズチェックの販売は終了していますので、現在は購入できません。

クレジットカード

クレジットカードを持ち歩いていれば、高額な現金を持ち歩かなくてもいいですので海外旅行にとても適している思います。クレジットカードは、ホテルの宿泊代、レストランの食事代、ショッピングなど、ありとあらゆる場所で使うことができます。

さらに、海外旅行傷害保険が自動的についているクレジットカードもありますので、荷物を盗まれたときなどの大きなトラブルに巻き込まれても、クレジットカードを持っていれば補償の対象となります。

また、クレジットカードの裏面にPLUSCirrusのロゴマークが描いてあれば、海外のATMからキャッシング(お金が借りられる)ができますのでいざというとき非常に便利です。

良いところ
現金のように大金を持ち歩かなくてもいいので安全。
利用時はサインや暗証番号を入力すれば使えるのでお手軽。
悪いところ
小さなお店や安宿では利用できないことがある。
手数料が上乗せされることがある。

国際キャッシュカード

国際キャッシュカードとは、日本の自分の銀行口座に入っている貯金を日本で使っているキャッシュカードを使って、海外のATMから現地通貨の現金として引き出すことができるカードです。

初めは、海外のATMは画面が英語で書かれていますので操作に戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえば簡単に現金を引き出せるようになります。
場所にもよりますが24時間使えるATMもありますので、国際キャッシュカードを海外旅行へ持って行くことに損はないと思います。

国際キャッシュカードの悪いところは、
海外のATMから現金を引き出すときに手数料を取られてしまうことと、現地通貨への両替レートも少し悪くなってしまうことです。
また、近くにATMがなければ引き出すことができません。

プリペイドカード

プリペイドカードとは、国際キャッシュカードのように旅行先のATMから現地通貨が引き出せるカードのことです。

使い方は、日本であらかじめカードにお金をチャージしておいて、海外のATMから現金をチャージした範囲内で現金を引き出して使います。
プリペイドカードは、国際キャッシュカードと同じように海外ATMから現金が引き出せますが、このカードは銀行のカードではありません。

プリペイドカードの種類は、

  1. 海外でしか使えないカード
  2. 海外と日本の両方で使えるカード

の2種類があります。

良いところ
現金での両替や国際キャッシュカードでの引き出しよりも引き出す時のレートは若干いいことです。
悪いところ
ATMからでないと現金が入手できない。
また、ATMが故障していたり田舎を旅行時では引き出せない可能性がある。

トップページへ戻る | 海外旅行の基礎知識を知ろう

スポンサーリンク

ナビゲーション